いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:ギター編

まずは、ギターを磨くことから始めよう

ギターのお手入れは、楽器を磨くことから始まります。中古楽器とは言え、機能面だけでなく見た目のメンテナンスも行っておくことで、いざ買取に出した際により高値で売ることができます。

基本的には、専用のクロスを使って毎日からぶきをしておくことができれば、それほど大変ではありません。ところが、毎日行うことはとても難しいという方がおおいでしょうから、まずは以下の基本的なアイテムをそろえておくようにしてください。

・専用のクロス
・ポリッシュ
・レモンオイル
・指板潤滑剤
・接点復活材

ギターのボディをポリッシュを使って拭きながら、表面に付着した細かなホコリやごみを落としていきます。ちょっとしたホコリ程度であれば、クロスだけでも問題ありませんが、少し力を入れなければ落とすことが難しいような場合は、必ずポリッシュを使います。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:クラリネット編

また、クリアラッカーなどが塗装されているギターを拭く場合、ラッカーに対応しているポリッシュを選びます。拭く際には、さまざまな方向に無作為に行うのではなく、ひとつの方向に沿って行うとムラなくきれいにすることができます。

また、ピックアップを取り外し、ブリッジの周りについてもクロスで磨いていきます。ローズ指板のあたりについては、レモンオイルを使うことで演奏中のダメージから保護することができます。オイルは数滴程度にとどめておき、必要以上に使いすぎないようにしてください。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:オーボエ編

必要以上のオイルで磨くと、フレットなどの金属部分がさびてしまいます。また、メイプル製の指板でしたら自然に油分が染み出てきますので、オイルを塗る必要はありません。

続いて、弦の交換をやってみよう

ギターを演奏していると、どうしても弦がすり減っていってしまったり、錆が出てきたりしてしまいます。弦は消耗品ですので、お手入れの際には必ず弦の交換を行うことになります。ダメージを受けたままの弦を放置しておくと、音色やサウンドに影響が出るだけでなく、きちんとした音程にチューニングすることもできなくなります。

弦の交換にあたっては、以下のアイテムを用意してください。

・ニッパー
・レンチ(ボックスレンチ)
・ワインダー
・各種ドライバー
・スケール

古くなった弦をすべて取り外したら、新しい弦を取り付けていきます。ストラトまわりのストリングポストに穴がある場合、新しい弦を穴に通してポストに巻き付けていきます。このときあまり巻きすぎないように気をつけてください。2周から3周程度が適切です。巻き付ける際には弦同士が重なることがないように気をつけます。もし弦が重なった状態で巻き付いてしまうと、チューニングが不安定になってしまいます。

レスポールの場合においても、ストラトと同じように取り扱います。具体的にはストリングポストがどの程度の高さがあるかによって、何周程度弦を巻くのがいいのかは異なりますので、試しながら行ってください。

新しい弦に交換してから次に取り換えるまでは、だいたい1か月から2か月程度。もちろんどれくらいギターを演奏するかによって寿命は異なりますし、プロのプレイヤーのなかには、演奏を行うごとに毎回新しい弦に交換するといったひとも珍しくはありません。

弦高の調整やチューニングもお忘れなく

続いて、弦高の調整です。これはネックの表面から弦がどの程度浮いているかで、計測するときはフレットのてっぺんから弦までの距離を測ります。この距離は1.5ミリから2ミリ程度が適切です。細かな調整になりますが、弦高の違いによってサウンドが左右されますし、弦高を高めに設定すると演奏をする際により握力が必要となりますが、ギター自体の鳴りはよくなる傾向にあります。

弦高の調整が終わったら、今度はチューニングです。チューナーを使ってきちんとチューニングを行います。オクターブを使って行うのが一般的で、12のフレットを押さえたときのチューニングと、ハーモニクスのチューニングの両方を行ってください。

ギターのお手入れに慣れてくると、ネックの調整も行うといいでしょう。というのも、弦がピンと張った状態では、ネックには70キログラム程度の力がかかっており、きちんとメンテナンスを行わないとネックがねじれたり反り返ったりするようになってしまうのです。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:ピアノ編

六角レンチやパイプレンチを用意して、ヘッドの方から調整をしていきます。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:ベース編

この際、レンチを大きく回しすぎないように注意が必要。少しずつ様子を見ながら行ってください。無理やり回していくと折れるリスクがあります。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:フルート編

ネックエンドの方から調整を行う際にも同様で、十字型の場合にはマイナスドライバーを使うと便利です。

このように、ギターのお手入れにはそれぞれのパーツに合わせた適切な方法があります。初心者にはなかなかハードルの高いところもありますが、一つひとつのステップをていねいに行うように心がければ、特に心配することはありません。