いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:サックス編

まずは、管内にたまった水分のクリーニングからスタート

サックスは管楽器ですので、呼吸が管を通り抜ける際にどうしても湿度が高くなり、管内に水分がたまっていきます。そのままの状態にしておくと、錆や腐食などの原因となってしまいますので、お手入れの際に取り除かなければなりません。

サックス専用のアイテムとして、クリーニングスワブというものがあります。これはコーナーに長めの紐のついたクロスで、紐の一方には重りがついていて、中に入ったクロスをきちんと取り出すことができる作りになっています。

作業を行う際には楽器のケースを開き、サックスを立てかけるようにして行うことで、安定させることができます。クリーニングスワブをベルの中へと入れていき、重りのついていない紐だけが出ているような状態にします。そして楽器を上下さかさまにすると、重りのついた方がベルの逆側、つまりサックスの頭の管から出てきますので、楽器の上下に紐が出ている状態になります。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:ギター編

この両端をしっかり持って、管のなかを行ったり来たりさせることで、管内にたまっている水分を効率的にクリーニングすることができます。

だいたい4回から5回程度往復させれば、たいていの水分を取り除くことができます。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:ベース編

クリーニングスワブを取り出すときには、ベルの側から行ってください。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:フルート編

このときに力いっぱい行うと、管内を傷つけてしまうことがありますので、やさしく行いましょう。ネックやマウスピースも同様にクリーニングします。

トーンホールのクリーニングもお忘れなく

トーンホールをおさえるパッドの部分については、専用のクリーニングペーパーを使ってお手入れを行います。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:クラリネット編

パッドとトーンホールの間にペーパーをはさみ、キーを何度か動かすことで余分な水分を吸収。トーンホールがたくさんあるので面倒に感じるかもしれませんが、パッドは水分に弱く耐久性が落ちてしまいますので、必ず行うようにしてください。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:オーボエ編

また、毎回の必要はありませんが、表面を磨くことも大切です。ラッカー塗装のサックスには専用のラッカーポリッシュが販売されていますので、それをポリッシングクロスに染み込ませてやさしく磨きます。力を入れると表面の塗装がはがれてしまいますので、くれぐれも気をつけて行ってください。

楽器店などでは、サックス専用のお手入れセットが販売されていますので、そういったアイテムを便利に使うといいでしょう。具体的なお手入れ方法の記された冊子も一緒についてきますよ。

いまからできる!中古楽器のお手入れ方法:ピアノ編